2011年11月の記事

みたらし団子好き


 みたらし団子って、なんというか日本デリカシーの最高傑作だと思うね。好物。何本でもいける。岡崎の人にしかわからない話だけどこれは和泉屋のみたらし団子。甘辛だけどちょっと濃い味のタレがいい。けれども、我が実家近くにある「あまざけや」のみたらしも旨い。店頭には置いてないことが多く、注文するとそれから焼いて作る。待ってなきゃならんけどこれがいい。腰が無さ過ぎると思えるほど団子が柔らかいんだけど香ばしくてとろり。ちなみに下は同じく和泉屋のおでん。僕の一番はあつあげ。店内の昔ながらの安物(失礼)のテーブルと椅子でおばあちゃん達と一緒に食べるのが王道の、心温まるひととき。

SAMOURAI


 いっておくと、僕はオードトワレをつけるタイプの人間ではない。加齢臭のまま歩いている。しかし、今朝トイレにこれが置いてあった。もうン十年前にもらったであろう男性用オードトワレ。使わないのなら、とカミさんがトイレ用に置いたらしい。「SAMOURAI」とある。フランス的になるとスペルに「O」が入るのか。「サムライ」という香水は昔、アランドロンが広告していたような記憶がある。サムライというアランドロンの映画があったなぁ。今もあるのかとネットで調べたらあるんだね、バリエーションも増えて。いい香りだが、ウチはトイレ用。僕は男の色香を身につけなくてもいいのだろうか。