2011年06月05日の記事


 ネコの額のわが家の庭先。誰あろう「葵(双葉葵)」である。家康公の御紋と同じ柄でしょ。これは岡崎の某社長さんから一株分けていただいたものだが、植えて放ったらかしてあるにも関わらず、毎年増え続けていて、なにか可愛くて気に入っている。冬場は姿かたちも無いのだが、毎年5月に青々とした葉が現れ、葉の下に小さな紫色の花をつける。夏を過ぎると我が庭からまた姿を消してしまう。