2011年06月03日の記事

草刈り


 わが家の前の伊賀川を歩いていたら、今日はわが母校「葵中学校(?違ってたらゴメン)」の生徒さんらが土手の草刈りをしていた。ありがたい。夏に向けてうっそうとしてしまう伊賀川がすっきりときれいになった。僕も昔これをやった。葵中伝統の行事なのだ。でも時期は確かもっと夏に近かったような気もする。汗まみれになるし、汚れるし、ヘビがいたりするし、ヤな作業だったなぁ。サボることばかり考えていた。実は明後日はわが町内での草刈りが予定されていて、わが家にも鎌が用意してある。もう刈る所無いんじゃないかと見回すと、なんか町内の草刈り用地帯がちゃんと残されているような気もするなぁ。や、ホントいろいろありがとう。

担々麺の誘惑


 担々麺というのはメタボを抱えた不健康中年に最もふさわしくない食べ物のように思える。そのどろどろとした風体、刺激的な辛さ、ギトギトとした油、毒々しい色、禁断の食卓にふさわしい一杯である。なにかとことん、快楽のみを具現化した様相である。しかし、ウマいのだからいたしかたない。悪魔の手招きについつい一線を越えて食べてしまうのである。かりにこれで寿命が縮んだとしても「まぁ、いいや」というウマさなのだ。担々麺の名誉の為に言っておけば担々麺がイコール不健康な食事ということではない。食べる側の人間の問題なのだ。ヤクのバターがギトギトのバタ茶はチベットでは大切な健康食品なのだから。闇の誘惑、「隆盛」の担々麺。