2011年05月03日の記事

すずらん


 義父が持って来てくれたスズランの花がわが家にある。このスズランは3月に亡くなった母が以前、義父に分けたものだった。母親のスズランはすぐに絶えてしまったが、義父はそれを家で大切に育ててくれていて、今年も花を咲かせたと持って来てくれたのだった。スズランの花は小さく可憐だが、わが家にすがすがしい香りを放っている。