2010年10月07日の記事

焼き味噌


 松本市のそば屋で信州の冷酒を飲る。で、酒のお供に出て来たのがこの「焼き味噌」。可愛らしいしゃもじにのせて焼いてある。味噌は信州味噌だろう。なのだが甘すぎず塩辛すぎずなかなかいい味だった。しかし、酒のお供に「焼き味噌」とくりゃ、我が岡崎市では「八丁味噌の焼き味噌」だね。昔、八丁味噌のお歳暮セットなんかに、小さな陶器の盃が入っていたのだが、こいつはお酒用ではなく、味噌をいれて炙る為の入れ物なのだ、盃の台に金棒を通す小さな穴があいていてそこに金棒を通しくるっとひっくり返して炭火で味噌をじかに炙る。そうすると赤味噌に焼き焦げがついて香ばしくてたまらない。この焼き味噌をちびちびなめて飲るのは最高である。他に何もいらない。焼き味噌における八丁味噌VS信州味噌の結果は???ふむ、むつかしいところだなぁ。