2010年09月11日の記事

ツメタガイ


 潮干狩りシーズンは終わったが、浜名湖弁天島の渡し船の船着き場にこんな張り紙が合った。「ツメタガイを持ち帰って食べてみよう!」とマンガ入りで丁寧に説明してある。ツメタガイというのはアサリの天敵といわれる貝で肉食。アサリの貝の上から穴を開け身を食べてしまうワルらしい。こいつが最近浜名湖で異常発生しているらしく、潮干狩り客に駆除の協力を依頼する案内なのだ。このツメタガイ、食べるといけるらしい。酒蒸しにしたり醤油で煮たりするとおいしいとある。