2010年08月27日の記事

ぶだう


 「ぶどう」と書くより古い文学書などに出てくる「ぶだう」と書いた方が特別な感じがする。昨日、ある人からぶどうをいただいた。我が家は自らぶどうを積極的に買う事は無いのでうれしい。巨峰、マスカット、リザマート、ピオーネと4種類のぶどうが入っていた。リザマートはロシア産の皮ごと食べられるあっさり系のぶどうである。ピオーネは知らなかったが、巨峰とマスカットを掛け合わせた品種らしい。一見巨峰と変わらないが巨峰より上品でまろやかな味がする。巨峰の強い個性をいくぶん奥に引っ込めた感じである。食べ続けても飽きないかもしれない。そういう品種がもてはやされるマーケット心理が面白い。でも、巨峰がやっぱり一番おいしい。