2010年08月14日の記事

種鶏場跡公園


朝のサイクリングレポート続きだが、ここは岡崎北高の西側の住宅街にある公園。小さな公園だがちょっと気に入ってる公園で、なんといっても樹齢を経た大きな木々のシルエットが良いのだ。木が大きいだけに「とにかく作りました的公園」とは違って、どことなくイギリスの公園を連想させる。僕はこの公園の前身を知っている。ここは昔「岡崎種鶏場」があったところで、僕はこの横の道を通って北高に通っていた。つまり通学路だったのだ。当時は大きな木々が転々とする緑が広がっていて本当に西洋風なハイドパークのような景色が広がっていた。その種鶏場がなくなり、住宅地としてどんどん緑が浸食され、かろうじて残ったのがこの公園の一角というわけ。僕には記憶のたどり糸なのである。