2010年06月25日の記事

ロータス

伊賀八幡宮の池の蓮が満開である。去年は確か不作と報道されていた。と言っても花が開いているのは朝であって、お昼に行ったらしぼんでしまっている花が多い。しかし、このしぼみかけた蓮の花がなかなか美しいのだ。蓮の花はどうしてこうも美しいのだろう。泥水の中にあっても葉や花が美しく保たれることを「蓮の自然自浄性/ロータス効果」という。「掃き溜めに鶴」とはちょっと違う。