2010年04月の記事

ブルームーン

一昨日の夜の月は「ブルームーン」と呼ばれる満月だったというのは知ってましたか。テレビの天気予報コーナーで紹介していたので早速外に出て眺めたら美しい満月が桜の花の間に輝いていた。ブルームーンというのは、ひと月の間に2回見られる満月の2回目の月ことを言うらしく、非常に珍しいことらしい。ひと月なのにふた月である。ブルームーンは「滅多に無い事」をあらわす言葉でもあるらしいのだが、その語源の真意は不確からしい。ましかし、月に桜ってのもなかなかオツですな。

舟遊び

桜のこの時期、岡崎公園前の菅生川では舟遊び用の舟が運行されている。こうしたものに興味は持たなかったのだが、実は昨年、これに乗った。知り合いから舟券をゆずってもらったのだ。それが意外に楽しめた。普段の見慣れた風景も川面からの視線で眺めると新鮮で、殿橋から東に行くと川沿いの桜の木々が空にパンしながら動いて行く様は美しい。水の音をききながら、お菓子をいただくひとときもなかなかオツだった。ただし、僕はこの川に偏見がある。その昔、乙川(菅生川)をカヌーで下るなんてことをした事があって、上流で一度転覆し水に浸かったら体が臭くなり、なかなか匂いが取れなかった。今は川の水もきれいになっているようだが、川の水に触れないトラウマがあるのだった。