2010年02月25日の記事

カーリング

curling

トリノオリンピックから「カーリング」にはまっている。なのでここのところバンクーバーオリンピックの「カーリング女子(カーリング男子もあるのかな?)」の競技中継を食い入るように見てばかりいる。カーリングは面白いねぇ。自分でもやってみたいぐらいだ。競技の光景は淡々とした静かなものだが、すごくホットな格闘技にも見える。その策略と攻防は将棋のようにも見えるが、自分の精神や体とどう折り合いをつけるかのせめぎ合いでもある。ところで、カーリング競技に使われる石は見たところ花崗岩である。我が岡崎の御影石で作ってもいいじゃいないかと、ふと思ったのだが、この石はカーリング発祥の地スコットランドのとある小さな島で穫れる花崗岩でないといけないらしい。溶けた氷の水分に影響されないしっかりとした石質が必要なのだと言う。1個10万円以上するらしい。