2010年02月22日の記事

障子の補修

shoji1

何の写真かというと、障子の補修である。今や障子自体も少なくなっているが、これは豊田市にある旧家で見かけたもの。昔は障子紙が少し破れたりすると、別の障子紙を切り抜いて破れた箇所に貼って、補修していた。ただ四角く切ったのでは能がないので、このように桜の形とか星の形とかに切って貼ったのだ。補修した所は紙が二重になるので光を通すとはっきりとわかってしまうのだが、これが粋な絵柄になって見えるから、なかなか風情がある。生活の知恵と言うか、懐かしくも愛おしき日本人の美意識である。この旧家は文化財として公開されていて、この日は屋敷の空間や座敷を使って美術展が開かれていた。でも、僕は展示作品にあまり興味は無く、こんな写真ばかり撮っていたのだった。

shoji2

shoji3