2010年01月03日の記事

松の内

Hagoita

最近は羽根つきも凧揚げもコマ遊びもあまり見なくなった。ていうか、そんなん道端でやっていたら危ない。僕らが子供の頃はこれらの正月の遊びはかろうじて現役だった。獅子舞すらあったような記憶がある。いつか、門松も松飾りも少なくなって日本の正月はその印象を薄めてゆき、国旗を掲げる家ですら稀になった。飾った鏡餅を正月が終わるとそのまま捨ててしまうなんて人がいることに驚き、鏡餅をかたどった砂糖パックなんてのを初めて見た時も驚きだった。子供の頃、正月という節目のもの悲しさを感じたが、現代の節目の無いかたちばかりの正月の軽薄な装いももの悲しい。15日ぐらいまでは「松の内」といって昔は正月の余韻を長く引きずっていたものだが、今はすっかりクールになって、3日過ぎれば簡単に仕事モードに転換できる人も増えた。欧米か!…。今日は帰省のピーク日だという。まだまだ、松の内ですよ、皆さん。