2009年12月07日の記事

冬の観覧車

Wheel

これはラグーナ蒲郡の大観覧車。先日、ちょっとお付き合いでラグーナ蒲郡で夕食を食べた折り、ライトアップされたこの観覧車の下に立ち上を見上げた。ラグーナ蒲郡は今、イルミネーションがにぎやかで、フェスティバルマーケットの方はにぎやかなのだが、大観覧車の客はまばらで、寒空に次々と色を変える大観覧車のイルミネーションが一層寒々と見えた。ところでこの大観覧車は英語でFerris wheelという。フェリスというのは1893年にシカゴの博覧会用に作った大観覧車の設計士の名前なのだ。欧米の観覧車は古いものも含めて窓ガラスの無い風をまともに受ける観覧車もあるというが、この真冬に窓が無かったら、ロマンチックもくそもないだろうなぁ。寒っ、さっさと車に乗って家に帰ろう。