2009年12月05日の記事

象の糞に触れる

zoufun

例によって、弁当を持ってちょっと東公園に。東公園の紅葉は終焉を迎えていてウィークデーでも結構な人の数。さて、写真。「あけてもいいゾ〜」「さわってもいいゾ〜」とあるのは象舎の前にあったディスプレイ。ふたを開けるとこんなもんが出てきた。「象の糞」であるようだ。こんなもん、触りたい人っているのかなぁ?わざわざ「さわってもいいゾ〜」と表示してあるのは、説明によると、どうもこの糞、コーティングがしてあるらしく大丈夫という事らしい。でも見ると、上の方はコーティングがはげ落ちていて中身が出ているのだ。象の糞はほとんど草の繊維質なので、象の王国タイあたりでは、この象の糞を漉いて作った便せんやハガキなどを売っていた事を覚えている。紙の種類に「馬糞紙」というのがあるが、あれは藁の繊維でできているからであって、馬の糞からできた紙では無いだろうけどね。お食事中の方、すんません。