2009年10月12日の記事

岡崎名物のタイ焼き

taiyaki

昨日、とある友人からいただいた「タイ焼き」である。でも、ただのタイ焼きではない。いただきますと口に入れたら、中からチーズが出てきたのである。それもアンコと一緒にチーズ。岡崎の結構知られた行列店の品らしい。僕は初めて食べた。アンコにチーズというのは不思議な感じがするが、「うまいじゃん、これ!」。チーズの塩味がアンコの甘みを引き立たせるのだ。先日、どこかの料理番組を見ていたら、クリームチーズと白みそを合わせたクリーミー鍋を紹介していた。これも旨そうである。日本伝統食品とチーズのコラボ。正に食の解放、革命である。そういえば岡崎には今や知名度の高い名物となったお菓子、バターとあんの和風パイ「手風琴のしらべ」ってのがあるわね。岡崎の人ってアンコと乳製品コラボが体質に合うんだろうか。