2009年10月09日の記事

とうがらし

Pepper

冬来たりなば春トウガラシ…とはどこかで使ったフレーズだが、ちょっと冷え込んできた季節の関係か、最近我が家は辛いものをよく食べる。昨日は台風一過のメニューとして「タイ風カレー(すみませんダジャレばっかで)」のキョーレツな辛さを味わったし、カミさんがインドネシアのサンバルで作ったサルサソースでトルティアチップスを食べているし、善光寺の一味(最近は善光寺の一味にBIRD EYEという激辛商品があるのをご存知?)をたっぷりかけたこんにゃくのピリ辛炒めを食べている。昔は辛いものはあまり食べなかったのだが、刺激に慣れてきた。慣れというのは恐い。吉野家の牛丼に真っ赤になるほど七味をかけて食す現代の人々を冷たく眺めて来たのだが、そのうち自分もやりかねない。こころなしか辛いものを食べた明くる日のトイレで感じるピリピリ感も快感になって来た。シゲキが欲しい倦怠期なのだろうか。ハバネロまであと少しの距離である。写真は白川郷で見かけたとうがらし。