2009年09月05日の記事

マカロン

macaron

姪っ子が持って来てくれたフランス土産である。近々嫁ぐ姪と母親と二人でフランスへの想い出旅行に行って来たのだった。いいねぇ。さて、これは「マカロン」というやつである。日本でも最近はどこへ行っても、このマカロンを売っていて、大流行りのようだ。日本菓子としての「まころん」しか知らない僕らの世代は、「まころん」と「マカロン」の違いに驚いているのだが、これはフランスを代表する郷土菓子らしい。で、このマカロンの単価の高さにも驚く。香り高くサクフワで美味しいとは思うが、このふがいなきはかなき小さな菓子が日本では一個200円とか一個250円とかする。なぜ、マカロンは高いのか。1:材料のアーモンドの粉が高価である事。2:壊れやすいデリケートな菓子なので歩留まりを考慮した値段。3:趣向品としてのファッション性があるから高くても売れる。僕はこの3番の理由がほとんどだと思うね。フランスでもこんなに高いのだろうか…?。これはフランスに行ってマカロンの値段を調査してくる必要があるかもと思いめぐらすのだった。