2009年05月16日の記事

蟹って疲れる

 丹後半島の夕日ケ浦温泉の夕食に蟹が出た。蟹が特産の地なので、よくある「蟹お一人様1杯付き」というやつである。蟹が1杯付いたのはいいが、蟹をしょっちゅう食べている訳ではないので、この食べ方が大変である。甲羅を開け効率よく身を掘り出して行く技を持ち合わせず、悪戦苦闘である。ここでは蟹の殻入れ用にバケツ(小さな殻入れではなく大きなバケツというのはありがたい)を用意してくれていたが、それでも品よく並べられていたテーブルは蟹の汁やら殻やら食べカスの身が飛び散ってゴミ溜めのようになり、皿も敷き紙もぐちょぐちょになってしまった。手もべちょべちょで浴衣も蟹臭い。蟹を食べるのは結構時間がかかる。ほだら?他に出された料理の影も薄れ、食事時間の大半を費やし、寡黙にただひたすらに戦わなくてはいけない。この時期、どうなのかとも思ったが味は意外においしかった。仲居さんが「冬にいらして下さいな。もう、いやというほど蟹を出しますから…」と言ってくれたが、疲れた。もう、蟹はいい。