2009年05月15日の記事

ハヤブサ撮影

 丹後半島北端にある経ケ岬灯台の駐車場に、なにやらたくさんの超望遠レンズのカメラが並んでいた。なんだろうとカメラマン達の中に入っていって聞くと、岬の岸壁に「ハヤブサ」がいるのだという。設置してあった横の望遠鏡をちょいと覗かせてもらうと、確かに岩の上にうずくまるハヤブサが確認できた。ハヤブサが子育てをしていて、そのヒナが顔を出すのを待っているのだと言う。そういう絶妙のタイミングをこの人達は高額であろうカメラを並べて延々待っているのだ。趣味のグループだろうと思うが、ヒマだねえ!…などとは言わない。そういう時間の過ごし方ができるって、なんかちょっとうらやましい。ほだら?ハヤブサの写真は無いのかって?だって、僕の小さなデジカメじゃ無理だよ。