2009年05月08日の記事

人間ドック

 昨日は人間ドックに行き白いウンチを排出した。僕は人間ドックは初めての経験である。人間ドックで経験する様々な診断だけでなく、胃カメラもCTも以前に経験値があり、最近膀胱鏡なる試練に立ち向かいそうになった事もあって、検査自体に別段抵抗は無かったのだが、聴覚検査は初めて経験した。あれってけっこう難しい。音が遮断されるボックスに入ってかすかな音を聞き取る診断である。で、各種最終結果はまだ出ていないが、血液検査でいえば、タバコを吸って、座りっぱなし運動不足の節制の無い日常生活を送っているので、数値はメタボ街道まっしぐらである。最近は喉の調子も悪く忌野さんと同様ではないかと心配したりしているので、神妙に数値をにらんだのであった。それにしても、検査まで飲食できなかったので腹が減った。人間ドックでは昼食も提供されると聞いていたので、検査後、食堂に向かう。あれって「ドック・フード」っていうのかしらん?ほだら?