2009年04月17日の記事

伊賀川桜情報:新緑

 うっかりしていた。伊賀川の桜はすっかり新緑となってしまった。昨日はぼんぼりの片付けが始まっていた。なぜうっかりしていたと言ったかというと、実はピンクから緑に変わる一時期の桜が僕は好きで、そのピンクと緑のグラデーションが広がった桜を写真に撮ろうと思っていたからだ。満開の桜もいいが、人影も少ないそのタイミングで眺める桜は日本画のように美しく、情緒的でいくぶん思索のイメージをも持っている。ピンクと緑のグラデーションは、感動のラストシーンが静かなエピローグに変わるような、輝きが艶に変わるような、栄華が平穏に移り変わるような微妙なニュアンスを持っているのだ。桜が散ってしまう事はむしろ「始まり」なのである。ほだら?…いつもの静けさを取り戻した伊賀川には新しい緑の匂いが立ちこめている。