2009年04月16日の記事

学食

 昨日は某芸術大学で今年の僕の教室がスタートした日だった。午後からの教室なので、僕はいつも昼ご飯をいわゆる「学食」でいただいている。2年前、ここで初めて食べた時は懐かしくて感慨深かった。もちろん学食なので安い。230円から380円ぐらいで食べられる。おかず単品100円なんてのもあって、ありがたい。ほだら?もちろん学食なのでとびきりの味は期待できないが、僕には懐かしさという調味料が加わっている。「本日のランチ380円」の高級品。学生達の間で食事するのも悪くない。ので、毎週の小さな楽しみにもなっている。僕が学生の頃、通っていた大学の学食はお世辞にも美味しいとは言えなかったが、ここの大学の学食はまぁまぁいける。しかし、僕の学生の頃はポークチャプライス200円ですら貴重な出費だったなあ。食堂の学生達を見回すと、男でもサラダ1個だけとか、大豆バー1本だけとか、結構ダイエットしている風の食事風景も見受けられる。バカ食いしている学生はいない。時代は少し変わったなぁ。