2009年04月12日の記事

あんかけスパ中毒

 前回同様、我が家のランチを紹介(ウチのランチの程度が分かってしまうなぁ)。「あんかけスパ」である。これは既製品のソースを使用している。「ヨコイのソース」ではない(我が家には「ヨコイのソース」も常備してあるけどね)。透明感が足りない気がする。僕は時折、無性にこのあんかけスパが食べたくなるのだ。中部地区以外の人から見ると、不思議な食べ物なので、一応説明しておくと、一見なつかし風にみえるスパゲッティだが、いわゆるミートソースとかナポリタンとはまったく違う味。とろみのある透明感のある中華のようなあんがソースであり、そのソースはやたら胡椒が利いた辛みのあるシャープでストレートな味で、名古屋名物とされている。元祖はヨコイとされ、中部あたりのスーパーではあんかけスパのソースも並んでいる。初めて食べると、奥行きの無い単調な味だと感じる人もいるかもしれないが、僕もそうだった。昔、名古屋に勤めていた頃、同じ職場の人間と昼時によくこのスパゲッティーにつきあわされたものだった。最初は少し苦手だったのだが、このスパゲッティ、なぜかまた食べたくなるのである。ほだら?どうも、胡椒の辛みに中毒性があるらしいと後から気がついた。今は、カミさんもこのビシッとした味の中毒性にはまり、我が家の定番とあいなった。好きになると、このソースの奥行きを味わえるようになる。店ではいろんなバリエーションがあり、僕はカニコロのせが好きだったが、王道はスライスタマネギとピーマン、ウインナーソーセージであると思われる。