2009年02月18日の記事

グーグルマップ

 撮影仕事の多い最近、昨日は鳴海で現場撮影だった。で、担当者が撮影場所を僕に伝えるために、住所ではなくグーグルマップのポイントコード番号をメールで伝えてくれる。グーグルマップは確かにすばらしい。コード番号を入れればすぐさま場所が現れる。場所の地図だけでなく起点を入力すれば行き方コースラインや所要時間まで示してくれる。で、僕は地図ではなく上記写真のように航空写真モードに切り替える。そうするとさらに現場の雰囲気がわかる。日当りや障害物を考慮しその撮影方法まで思い浮べる事ができるのだ。しかし、その場所は民家であり、住所を知らせてくれないとカーナビの入力に困る。近くの大きな施設や店舗名または電話番号を検索してカーナビに入力する。ついでに昼時はどこで食事したら良いかも少し考える。地図の歴史は大きく変わったものだなぁ。ほだら?