2009年02月15日の記事

貴重品

 貴重品である。唯一のチョコレートである。無理も無いか、ひきこもりの一人仕事を始めてもう何年も経っている。人と接触する機会が極端に少ないのだ。って、そういう問題だろうか。人間というのは勝手なもので、昔は義理チョコなんていらないと思っていたし、だいたいがバレンタインデーというのは何なのだ?と思っていた。しかし、一つだけでもこういう風にいただけると妙な恋しさを感じる。その「ひとつだけ」を写真に撮っている寂しさとはなんだろう。ほだら?ちなみに僕はチョコレート好きで、それがメタボの第一要因でもあるのだが、年中家の据え置きに絶やした事が無い。で、その「ひとつだけ」は誰からもらったのか?って。それはもちろん最愛の人からである。カミさんではない。