2009年01月06日の記事

犬のフン

 ちょうど今朝、自分のブログ「ヨコ旅」でケアンズの犬のフンについて書いたので、伊賀川を歩くとき、犬のフン処理についての看板が目に留まった。日本でも犬のフン処理についてはやっきになっているようだ。岡崎市の生活環境保全条例第36条には“犬の飼い主は、その所有し、又は占有する犬を散歩させるときは、ふんを回収するための容器等を携行し、当該犬がふんをしたときは、直ちに回収して持ち帰り、適正に処理しなければならない。”とある。勇気を持って言えば、こういう看板自体もストレートで稚拙で色使い過ぎで、なんとなく町の美観を損ねている気がする。ほだら?