2009年01月02日の記事

雑煮

 昼に雑煮を食べる。雑煮は雑に煮ると書くが、日本を代表するデリカシーだと思う。僕は大好きで、正月でなくとも年中食べる。三河地方の雑煮は、四角い餅、特別な具は無く、主にもち菜なんか入れたあっさりとした味のものだと思う。雑煮の向こうに見えているのはおせちだが、カミさんの実家の両親が毎年作ってくれて、分けてもらうおせちである。ゴーカではないが、野菜の煮しめやなますなど、僕は大好きで毎年楽しみにしている。決まった時期に決まった人が作る決まった味を食べる習慣というのは、暮らしのアクセントだ。作る方は大変かもしれないが、おいしくいただくのは一つの親孝行でもある気がする。市販のおせちは、高級料亭ものでないかぎり、黒豆もタツクリも昆布巻きも伊達巻きも、ましてやきんとんなど、やたら甘過ぎるものが多くて気になる。ほだらぁ?その点、手作りはやはりいい。真ん中に見えているのは「タラコを煮付けたもの」。僕は結婚するまで知らなかった味で、なんでこんなものがおせち料理に入っているのか不思議だったが、各家々にはそれぞれの食習慣があるのだろう。今では僕の正月の定番の味になっている。