年末カラオケ

 昨日は某忘年会にお呼ばれして、カラオケに誘われた。お誘いを受けたのは今忘年会のスポンサーであり、我らが洋曲カラオケグループのリーダーなので、その隊員としてはお断りするわけにはいかない。てゆーか、うれしいお誘いだった。年の瀬のカラオケ需要はやはり高いらしく、カラオケ屋には行列ができていた。カラオケの曲選びは今や本ではなく、無線LAN付きのタッチパネルリモコンで様々なキーワードで検索できるようになっていることに、おじさんは驚きかつ操作に戸惑った。しかし、老化したおじさんの脳からは曲名も歌手名もなかなか浮かんでこず、おじさんはこのままカラオケ世界からオイテケボリにされるのではと心配になる。その反動か、おじさんの歌う洋物POPSは一段と挑戦的な過激な大声となるのであった。いい年が迎えられそうだ。

(写真が誰であるか、現在の多くのHokkerの皆さんにはおわかりだろう。ほだらぁ?)

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く