ソースカツ丼

これは岡崎市内某所で食べた「ソースカツ丼」である。安いとはいえ、こんな貧相なソースカツ丼はないね。「ソースカツ丼ってなんのことはないキャベツとカツをご飯の上に載せてソースをかけただけじゃん、ほだら?」と言う人もいるだろうが、確かに誰もが思いつきそうな手合いの食べ物である。この店の店主も軽くそう思ったに違いない。ルーツを探るほどの物ではない気もするのだが、駒ヶ根、伊那谷、福井、群馬、福島と全国にあるソースカツ丼名物の地方が真剣に論戦したりしている。それだけに、これらのソースカツ丼には文化とこだわりがある。平均的に言えばたいがいのちゃんとした(?)ソースカツ丼というのは衣全体にソースがからめてある。鍋で一度ソースの海をくぐっているのだ。衣のパン粉を細かい物にしてソースがじんわり絡み付くようにしてあったりするものもある。福井なんかキャベツすら無くてシンプルそのもの。なので、カツの旨さはもちろんの事、特製ソースの味が決め手なのだ。ソースカツ丼文化の国の人が、このカツ丼を見たら寂しがるかもしれない。

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く