完全密着!

 ま、皆さんもそうだろうけれど、僕は下記の言葉が付いた番組は基本的に信用しない。ってゆーか、「さぞ面白く無い番組だろうな」とハナから断定してしまう。そうでしょ、皆さん。なんか、最近のテレビ番組って報道番組までもがやたら下記のような言葉を番組名や特集名につけて一生懸命あおり立てている。困ったことにNHKでも「その一部始終をカメラが捉えました」などと使っている。皆がスゴい!スゴい!の連続である。それが、観てみるとちーっともスゴくないのだ。ぜーんぜん!。オオカミ少年だ。悲しくて同情したくなる。
「完全密着」「突撃潜入レポート」「徹底取材」「その一部始終」「激撮」「テレビ初取材」「生映像!」「すべて見せます」「とことん」「徹底討論」「壮絶!」「大激突!」「大バトル!」「激論!」とかね。
こんなのも、いまやほとんど耳に響かないね。使い過ぎて。
「大迫力!」「最強の」「究極の」「極上の」「スゴ腕」「こだわりぬいた」「汗と涙の」「激うま」「絶品!」「伝説の!」とか。
おかしいでしょ、毎日毎日「最強の極上の絶品」が出てちゃ!使い過ぎなんだよ!んったく、いいかげん、気づいてね、メディアさん。

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く