ソウル ソウル ソウル


 韓国では今ひそかにフォークソングがリバイバルしていると言う。韓国の団塊の世代(韓国にも団塊の世代があるのか)あたりが懐かしんでフォークソングを唄っているらしい。韓国もまた学生運動の旗印としてフォークソングが歌われたのだ。思えば韓国が民主化運動の流れを経て民主化宣言をしたのは1987年。たった25年前の事である。そのあくる年1988年(パルパルと呼ばれる)に、ソウルオリンピックが開かれたのだった。僕はちょうどそのあたりから韓国へよくでかけるようになったので、チョー・ヨンピルが当時歌っていた「ソウル ソウル ソウル」という曲は、未来へ一歩踏み出したソウルとその後著しい変化を遂げたソウルを同時に感じさせてくれる感慨深い曲となった。この間出かけたら韓国の若い女性が「チョー・ヨンピルはもうおじいさんですよ」と言っていた。当時、日本のセブンスターそっくりのデザインだった「88(パルパル)」というタバコ、今もあるんだなぁ。
YouTube : 서울 서울 서울 ソウル ソウル ソウル
日本語版はこちら

コメントが2個あります

  1. 多亜 より:

    私が韓国に行ったのもまさしくソウルオリンピックが終わったすぐ後だったように記憶しております。
    そしてこの曲もとても印象に残っています。
    その頃だったのでしょうね。
    そうか…おじいちゃん…
    時代の流れが恐ろしくも感じます。
    今日(もう昨日)アメリカの有名女性シンガーさん(誰かさんのパクリでいえば)えんだーりらーが亡くなったのも衝撃でした。
    テレサテンさんが亡くなった時の様に…

    ところで「ソウルソウルソウル」ってフォークソング域になるんですか?
    韓国のフォークソングってピンとこないです。

  2. kiddagan より:

    多亜さんへ

    確かにホイットニーさんの死はショックでした。
    「ソウル ソウル ソウル」はフォークソングではないですね。たぶん隠れオリンピック応援歌ではなかったかと。

    韓国のフォークソングでもっとも有名なのは「朝露」と言う曲らしいですよ。
    http://youtu.be/uB7YA1dCfbA
    荒れ果てた地で心清く進もう、朝の葉に光る露のように。

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く