哲学って


 「一人を殺せば五人の命が助かる。その殺人は正義なのか」「金持ちに税金をふっかけるのは、国家による強制労働ではないか」
 NHKの放送をちらっと見ただけだったので、通して読んでみる。講義内容よりも具体的な事例を出しながら学生に問いかけて行くスタイルが面白い。まだ途中だが、ほんと哲学って不可思議な学問だなぁと思う。2000年以上も前から今に続いているってことは、いまだすっきりとした解明と体系ができていないからだろうか。人間てそんなにむつかしいものなのか?そもそも勘違いしていないか?などと素人目に思ったりする。少なくとも研究成果からの応用と実践が、宗教ほどには行われていない気がする。おろおろとうろたえる政治家が平気で政治をやり、泣いたり自殺したりしてんだから…。
 僕は哲学よりも、生理学に期待している。
 哲学も危険だが、生理学も危険な気がするけどね。

コメントが2個あります

  1. gabo より:

    そもそも「哲学」ってなんでしょう?
    わざわざ難しい学問にしなくても、みんな其々のレベルで考えている!
    …ようで、いないようで…いる。(どっち!?

    「哲学」好きですけどね♪ (笑
    私、その手の話をすると何故か最後は「宇宙」になるんですよ。(爆

    ま、結局「この世に生きとし生けるモノ」は‘死ぬために’生まれて来たんですよね。
    どーせなら、楽しく人生全うしたいでっす♪

  2. kiddagan より:

    gaboさんへ

    ですよね。
    皆、おのおの一生懸命考えていますよね。
    勝手な解釈で生きているとも言えるけど、みんな正しい。

    みんな違ってみんなイイ。

    はは。

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く