先日の奈良でも夕食にハモ(鱧)鍋が出たし、今年は結構ハモを食べる機会に恵まれた。これを業界用語では「ハモる」と言う(嘘)。夏らしいイメージだ。ハモの定番、梅肉和えもいただいたが、ハモって焼いたり煮たりといろんな料理法があるようだ。馴染みがないせいか正直言って、特別旨いというインパクトは持っていない気がする。京都で夏場に手に入る魚ということで様々な料理法が開発されたようだが、骨切りに技術がいるのか京都の錦小路あたりで眺めても結構な値段である。写真はどちらも錦小路にて。

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く