うどんの中にハートと星?


 水沢うどんといえば日本三大うどんのひとつ。水沢観音あたりの道沿いに13軒ほどのうどん屋が並んでいる。群馬にでかけた私らはその中の「三枡屋」に入った。昼時ともなればどの店にも観光バスがどっと押し寄せて満員なのだが、この店は団体客を受け入れていない小さな店。メニューも「もり」と「かけ」各500円とそれぞれの大盛り600円のみ、といたってシンプルで、他の店の媚びた感じの高いうどんと違って全店の中で一番安い。かけを注文。だが、やはりそこは水沢うどん、親父さん打ち立ての透明感のあるつややかなうどんをあっさり系のつゆに絡めていただくと絶品である。すると誰かが叫んだ。あれ?麺の中にこんなものが!。なんと麺の中にハート形のうどんが入っていたのである。聞けば星形が入っているものもあるという。別に七夕だからってわけじゃないらしくいつものことだそうである。なんか朴訥した店構えと頑固そうな親父さんの風情からは想像つかない遊び心。その可愛らしさににっこりした。

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く