manaca初体験


 昨日は久しぶりに名古屋で打ち合わせ。名古屋へは名鉄を利用して行くので、名鉄パノラマカードを利用していた。だが、これは廃止され(使用はまだできる)、使い切ったら今度は「manaca」にしてくれというので、名鉄パノラマカードの残りわずかを清算し、manacaを入手し利用した。ずっと以前は名鉄バスカードと回数券を利用していた。なんか支払い方法が次々と変わるのでうっとうしい。manacaの利用方法をまた覚えなければいけないじゃないか。マナカだかモナカだか知らんが、チャージはどこですんの?チャージに領収書は無いの?混雑する改札口で通り過ぎながらモニターの残高なんか見てらんないじゃないの?事前に残高はチェックできるの?二人分支払いはできるの?だいたい、最初にディポジットがなんで必要なの?ディポジットはやがて払い戻されるの?便利かなんか知らないが、向こう側が便利なのであって、こっちの人生全体の煩わしさから言えば便利じゃないのだ。過渡期なわけか、バスに現金投入口に加えてパノラマカード投入口やらmanacaや定期のタッチセンサーが付いていて、見た目にも煩わしい。

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く