Keynote


 明日の大学での講義教材の為、プレゼンを「Keynote」で作っている。明日は編集における企画書に関する内容。普段やっていることを客観視して説明するのはなかなかむつかしい。先生も結構大変なのだ。このMacソフトのKeynote、Win派の皆さんが使うPowerpointよりもはるかにセンスが良くスマートなので気に入っているソフトである。なので編集作業は楽しい。本当は凝りに凝って映像を埋め込んだりサウンドやBGMまで決めたいのだが、教室での大音量はダメなので残念。てゆーか、そこが危険である。世間によくある演出ばかり派手で内容無しのPowerpointプレゼンに自ら陥ってしまう危険性がある。「編集の為の編集をするな」「編集に埋没するな」と教えているわけだし…。

コメントが4個あります

  1. ツゲッティー より:

    プレゼンって難しいですもんね!
    僕はよく「良いプレゼンをする」から「良いプレゼン資料を作る」と目的がすり替わってしまうことがあります。。

    勉強になります。

    • kiddagan より:

      ●ツゲッティーさんへ
      コメントありがとう。
      もちろん良いプレゼン資料がなければ始まりません。
      でもプレゼンテーションには伝える技術が必要ですね。
      わかりやすくて的確で、丁寧だけど簡潔で、媚びないけれど鮮やかに。
      この辺りが難しい。
      でもとにかく中身が無くっちゃ始まらない、けどね。

  2. gabo より:

    ほうほう~
    良いソフトがあるのですね!

    私は画像処理のホトショップしか使った事ないです。。。
    それもおにゅーPCにしたら使えないし…><

    ところで、以前の旅行動画、どーなりました?
    いつまでもお待ちしておりまっす♪(黒笑

    • kiddagan より:

      ●gaboさんへ
      Keyniteはいいです。でも。Mac用ソフトなのでまずはマカーにお仲間入りください。
      あーあの動画?やりますいつかやります。

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く