ありがたさ

昨日は母の葬儀だった。
春先だからか斎場は多くの人でごった返していた。
葬儀会場の控え室では東北関東大震災のニュースが流れていた。

葬儀が行えることのありがたさ
棺があることのありがたさ
そもそも遺体があることのありがたさ

いただいた御香典の一部を
ささやかながら義援金とさせていただくことにした。

コメントが4個あります

  1. 多亜 より:

    謹んで心よりお悔やみ申し上げます。

    想定内であったとしても「覚悟」なんてできないものです。
    「ありがたさ」本当に身に沁みる言葉になりました。
    それに‘感謝’は付きものかと思いますが、‘後悔’は付随させたくないと今もまだ日々翻弄しております。

    命の重さ、かけがえのなさを身近に体験して色々な痛みを感じ得るようになります。
    KIDさんのお心づかいからもよいお見送りをされたんだだろうと感じております。
    改めてお母様のご冥福をお祈り申し上げます。

    • kiddagan より:

      ありがとうございます。母に伝えます。
      不安な日々が続いていると思いますがそちらはいかがですか。

      大震災の現場では9日ぶりに救出された祖母や息子に会ったご主人が
      「私共だけが幸せを喜んでいいのかと思います」と語っていましたね。
      心許して喜べない悲しさが身にしみました。

  2. ロックジジイ より:

    母上のご冥福、お祈り申し上げます。
    落ち着いたら、お線香をあげに伺いたいと思います。

    変なことを書くけど、順番通りがいい。
    まだまだお互いガンバロまい。
    なるべく病院で会いたくないぞ!

    • kiddagan より:

      ありがとうございます。母に伝えます。

      確かに順番通りがいい。順番でゆくとロックジジイさんより僕の方が早生まれだけど…。
      まぁ、がんばりましょう。病院で会うのもそんなに悪くは無いけどね。

      どうぞご自愛のほどを。

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く