海外メディアの編集力

冷静な解決打開に向けての展望もなく、大変だ!問題だ!と騒いでいるだけの日本の報道が、意味の無い災害エンターテイメントを垂れ流している間に、海外メディアはきっちりとした編集力を持って、このニュースを表現している気がするなぁ、ほんと。
他のブログで見かけた受け売りだけど、下記のリンクで参考までにご覧いただきたい。

The Crippled Japanese Nuclear Reactors – Interactive Feature – NYTimes.com.

ABC News – Japan Earthquake: before and after.

Japan earthquake and tsunami: 10,000 people missing in Minamisanriku as aftershocks hamper rescue efforts | Mail Online.

Photos of Japan After Earthquake and Tsunami – Photographs – NYTimes.com.

コメントが2個あります

  1. 小熊 より:

    日本はどうなってしまうのでしょうか。刻々と入るニュース(私が視聴できるのは主にNHKニュース)で原発の状況が悪化の一途をたどっている様子を見て、身震いしています。アメリカのメディアは次々と大物(自分のニュース番組を持っているような人たち)を送り込んでいるようですね。アメリカ側の見識者たちの意見を聞いていると、日本の東電の発表があまりにまどろっこしく、対応が後手後手に回っているのが感じられます。もしもこれが人々に不安を与えないようにという配慮であるなら、そんなことよりはっきり危険を伝えるのが(現実として近づけないからそれすら無理?)彼らの責任ではないのかと憤りを感じてなりません。

    • kiddagan より:

      日本全体が壊滅しているわけではありませんが、海外にお住まいの日本人の方達からみれば、日本国内以上に不安と心配が増幅されていると思います。

      真実が一番わかりやすい。恐いけど真実は不安をもたらさない。真実が一番の近道。真実からしか未来は開けない。

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く