究極の弁当

 これ、どこだったかのSAでみかけたお弁当。白いおにぎりにちょっと漬け物が添えてあるだけで竹皮で包んである。究極のシンプルさである。海苔を巻いていないおにぎりを売っているのはめずらしいが、「今年の新米」と謳ってあり、「銀シャリ一本で勝負」といった感じが自信たっぷりで妙に魅かれる。実際の話、僕は海苔を巻いたおにぎりではなく、ご飯を塩で軽くにぎっただけのおにぎりが好きである。握りたての塩が未だ飯粒に染みてないときの温かいおにぎりが一番いいかなぁ。それも昔ながらにちょっとおこげが入っているヤツね。

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く