種鶏場跡公園


朝のサイクリングレポート続きだが、ここは岡崎北高の西側の住宅街にある公園。小さな公園だがちょっと気に入ってる公園で、なんといっても樹齢を経た大きな木々のシルエットが良いのだ。木が大きいだけに「とにかく作りました的公園」とは違って、どことなくイギリスの公園を連想させる。僕はこの公園の前身を知っている。ここは昔「岡崎種鶏場」があったところで、僕はこの横の道を通って北高に通っていた。つまり通学路だったのだ。当時は大きな木々が転々とする緑が広がっていて本当に西洋風なハイドパークのような景色が広がっていた。その種鶏場がなくなり、住宅地としてどんどん緑が浸食され、かろうじて残ったのがこの公園の一角というわけ。僕には記憶のたどり糸なのである。

コメントが2個あります

  1. 小熊 より:

    KIDさん、北高の先輩なんですね。卒業以来、一度も行っていないのですが、高校の周囲はずいぶん様変わりしたのでしょうね。
    偶然にも今日のEメールで同窓会のお知らせが入っていました。出席するにはちょっとばかり遠すぎるなぁ。

  2. KID より:

    小熊さんへ

    おやおや、小熊さんも北高ですか。僕は今、この高校のすぐ近くに住んでいるんです。
    確かに、自分の高校時代からずいぶん周辺が変わりました。僕が住んでいる場所は以前は畑だったし、正面玄関横に人気の回転寿しの店ができるなんて想像していませんでした。

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く