つけめん

昨日、最近流行りの「つけめん」とやらを、豊田市の行列ができるという「晴ればれ」とかいう店で食べた。いろんなバリエーションがあるようだが初めてなのでオーソドックスに「つけめん¥750」を注文。左がタレ、右が麺。タレの中にはチャーシューやメンマ、ウズラの玉子、ナルトなどがゴトゴトと入っており、濃厚な動物系スープのようで魚介の風味が結構出ているのが印象的だった。麺は極太麺でかなりの噛み応え。なるほど旨い。てぬぐい首に巻いてびしっとランチ。外に出るといっそう汗が噴き出した。

コメントが4個あります

  1. 小熊 より:

    おっいしそ~!

    素朴な疑問なのですが、タレは温かい(熱い?)のですよね?
    ウン十年前、豊田ビル(名古屋)の地下付近のお店で出していた、冷たい中華麺を冷たいざるそばのタレにつける「つけめん」がお気に入りでした。
    暑い日にハフハフ言いながら食べるつけめんも是非試してみたいな。

  2. kiddagan より:

    小熊さんへ
    麺は水でしめてあるようで、タレの方は温かく、ちょっとスパイシーです。この店にも冷たい麺に冷たいタレといったメニューもあるようですが、中華麺にざるそばのタレとは面白いですね。それもン十年前とは。

  3. ペンペル より:

    私もここのつけ麺は好きです!
    『あつもり』でお願いすると
    温かい麺で出してくれるので
    個人的にはあつもりのほうが好きです♪
    さらに残った汁にご飯を入れて
    『雑炊』で食べるのがもっと好きです☆

  4. kiddagan より:

    ペンペルさんへ
    なるほど、そういう食べ方もありましたか。そういえば、ランチタイムはライスは無料だったような気が。今度行ったら雑炊にしよ。

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く