まぶし

たまには「うなぎ」。これは某「○○べ」の「まぶし丼」であるが、私が食べたのではなくカミさんのもの。私はコレステロール値を気にする身なので並(梅)丼。というか最近は並丼で十分なのである。しかし、カミさんはうなぎ屋に来るとかならず「まぶし」なのだ。ご承知の通りまぶし丼は最初はそのまま、次に薬味を入れて、最後に茶漬けにして食べるスタイルが定番だが、カミさんはこの茶漬けが好きらしく、いきなり茶漬けなのだ。それから最後まで茶漬け。したがって出されたお茶が足りなくなる事がある。腹がガバガバになるのではと思うし、蒲焼きの醍醐味を味わわなくていいのかとも思う。しかし、まぶしの茶漬けというのは、あっさりとなかなかオツなもので、僕も一杯おくれとねだったりするのだ。カミさんがまぶしを注文すると、蒲焼きのタレ入れが添えて出されるのもありがたい。僕の並丼のご飯にそれをかけて好みのタレ具合に調整できるからだ。

ついでだからこの場を借りて言うと、「○○べ」のうなぎに添えられる漬け物は伝統的に「うりの味噌漬」だけれども、味が濃すぎて、僕はうなぎの蒲焼きには合わないとずっと思っている。一夜漬けのきゅうりあたりの方がバランスがいいと思うのだ。うなぎはおいしく、肝吸いも限りなく上品な薄味なのに、これが残念である。

コメントが4個あります

  1. 伝道漬け より:

    私も、このウリ合わないと思う。ウリにならない。

  2. kiddagan より:

    ●伝道漬けさんへ
    でげしょ。実は親戚のおばさんは、この店に行く時いつもこっそり「きゅうりの漬物」をパックに入れて持参していた。持ち込みである。今はもう亡くなったけど。そこまでして愛したうなぎなのだよ、○○べさん。

  3. 小熊 より:

    「○○べ」ではひつまぶし(まぶし丼)を食べることができるのですね。今度(来年)は是非行ってみようと思います。実は私、名古屋で働いていたこともあるのに、ひつまぶしを食べたことがありません。

    我が家はこれまで「○○川」一辺倒です。駐車場がとても狭く、ひつまぶしもメニューにありませんが、里帰りすると必ず立ち寄るお店です。漬物も白菜やキュウリの浅漬けなど、あっさり系が出てきます。

  4. kiddagan より:

    ●小熊さんへ
    あっさり漬け物が合いますよね。「○○川」もいいですね鴨田の本店ですか。他に「○川屋」とか「枡○」とかうなぎ屋さんて人によってごひいきが違いますね。来年はぜひ「まぶし丼」を。

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く