サザエのつぼ焼き

昨日は久しぶりに「サザエのつぼ焼き」を食べた。ウンメー!!写真では三河湾名物の「大アサリ」も並んでいるが、醤油をたらして焼くとどちらも至上の味で、殻にたまった海の旨味をたっぷり含んだおツユがたまらないのだが、身となると二つの味わいは違う。サザエの身はほろ苦いのだ。これがウマい。竹串を刺して引きづり出したサザエの身は一見グロテスクで、食べ慣れないと一瞬の戸惑いを感じるが、エエイッとがぶりつこう。サザエの身は中の下の方はドロリと柔らかいが蓋に近い方の身はグキグキと固い。舌に絡み付く苦み、甘み、醤油の芳香に加え、噛み心地の豊かさが、食の本能の底の辺りにある炎をたぎらせてくれる。サザエのつぼ焼きを頬張るような迫力のあるシズル感は現代の食卓ではあまり見当たらなくなった気がする。

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く