新年会

toen

昨日は豊田市の知り合い達と新年会があった。今頃新年会とは、旧正月の新年会である。駅前の豊田キャッスルホテルなのだが、最近は豊田市の再開発されたこの駅前をちょくちょく訪れるようになった。豊田市の駅前はベネストリアンデッキ(高架歩道)なんかがあったりして、エスカレータや階段を上がったり下がったりして、昔とはずいぶんイメージが変わってしまっている。我が岡崎市のお隣の街で、車ですぐに来られる場所であるが、こういう空間にいると心無しか違う街に来たイメージがあるのは面白い。集うメンバーは現在豊田市に住んでいない人も多いが僕以外は皆豊田市出身。豊田市から日進や東郷、足助、名古屋北部あたりの話題で盛り上がったりしているので、岡崎から来たちょっと異端児の僕には文化圏の違う世界に思える感じがあるのも面白い。不思議な事に岡崎市の話題はほとんど出ないのである。よくよく考えてみると、当たり前と言えば当たり前かも知れないが、僕はずっと岡崎文化圏で岡崎市の話題中心に人生のほとんどを生きて来た気がする(大げさ)。土地から離れていないのだ。井の中の蛙なのだが、人生がちいさな町に完結するのも、またいいではないか、と、思っている。

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く