でかい時計

Watch

これは中部国際空港前のホテルの一室。一番安いセミダブルの部屋なので狭い。しかし、その狭い空間によくぞここまでコンパクトにいろんなものをセットしたと思えるほど、ドライヤーからLANケーブルまで、およそ泊まりに必要なものは何でもある。アイロン台まであるのは、ビジネス客を意識しているのだろう。湯沸かしポットが加湿機を兼ねているものまである。で、壁の時計だが、これが狭い空間の比率からいって異様にでかい。第一こんな壁時計を掲げたホテルはあまり見た事が無い。でも、空港前という事もあって「時間」が大切なわけで、時間を知りたい客の需要を心得た配慮だと思う。もちろんモーニングコールは電話機で頼めるが。それにしても、朝の4時になんでこんな写真を撮っているのだ?

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く