アシアナデザイン

asiana

昨日まで韓国ソウルに行っていたので更新が途絶えてしまった。ソウルの話題は「ヨコ旅」でレポートするのでご興味があればそちらへ。韓国へのフライトはアシアナ航空だった。このアシアナ航空は韓国の全日空的イメージなのだが、僕はアシアナのコーポレートデザインが好きである。特に機体のデザインは世界のエアラインの中で一番美しいのでは、と思っていた。いたと過去形にしたのは、今回の機体を見たらコーポレートデザインが変更されていたのである。上の写真の下が旧デザイン、向こうに見えるのが新デザインである。ロゴマークもカラーリングも確かにモダンなものになった気はするが、依然として旧デザインの方がアイデンティティがあっていい気がする。アシアナはベースカラーをウォームブラウングレーといったシックなカラーで統一していて機体のシートもアテンダントのコスチュームもビビッドカラー好きの韓国イメージからすると意外なほど品が良くて美しい(本当は韓国カラー文化はビビッドカラーだけではないのだが)。このアシアナ航空は2009年のエアライン・オブ・ザ・イヤーにも選ばれた。新しいデザインも悪くはない。どちらかというとJALやANAのデザインの方が世界のエアラインデザインの中で取り残されていっているような気がするのは僕だけか。

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く